21ツインパワーSWと15ツインパワーSW、20ストラディックSWを比べてみた

とうとう発表された、21ツインパワーSW
前モデルの15ツインパワーSWや、下位モデルの20ストラディックSWと比べてみました!

まずは下の比較表をご覧ください!

※赤字で書いたのが新搭載された機能です

15ツインパワーSWと比較

表にしてみると、15ツインパワーSWと21ツインパワーSWの大きな違いは、「インフィニティドライブ」「サイレントドライブ」「ヒートシンクドラグ」の3点だと分かります!

「インフィニティドライブ」「サイレントドライブ」の2点は巻取り力UPや巻き心地の向上に直結するため、純然たるグレードアップです!

また、大型魚と対峙する際に必須となるドラグに関しては、ドラグ機構の大敵である「熱」への対策として「ヒートシンクドラグ」が搭載されており、これも純然たるグレードアップです!

いずれも魚をキャッチするために必要な機能のスペックアップなので、大型魚を狙うアングラーにとっては嬉しい発表です!!

20ストラディックSWと比較

20ストラディックSWは「インフィニティドライブ」が搭載されており、15ツインパワーSWと比較すると一見優れているように見えます。
しかし、大型魚を狙う上で重要となる「ドラグ」に関しては、15ツインパワーSWや21ツインパワーSWに搭載されている「Xタフドラグ」「リジッドサポートドラグ」が搭載されていません。

また、ローターに関しても「Xリジッドローター」は非搭載となっており、通常の強化樹脂が採用されているので、リールの性能としては価格相応で、ツインパワーSWには及ばないことが分かります。

とはいえ、以前記事にしたようにテスターの方が26kgのカンパチをストラディックSWでキャッチしたりと、実績は十分にあり必要最低限のスペックは備えていると言えるでしょう。

参考記事1:20ストラディックSWが気になる!
参考記事2:20ストラディックSWと15ツインパワーSWを比較してみた!

総評

物議をかもしている?21ツインパワーXDと異なり、21ツインパワーSWは純然たるグレードアップです!

もちろんステラSWには届きませんが、大型魚を狙うのであれば予算が許すのであれば20ストラディックSWより21ツインパワーSWを購入した方が良いでしょう!!

個人的には14000PGの発売が嬉しいところです。
15ツインパワーSWにはPGは10000番までしかなかったので、巻取り量の調整のためにジグ用は10000PG+14000XGのスプールで対応していたのですが、これでスプール入れ替えで巻取り量を調整する必要が無くなりました!

今使っている15ツインパワーSWの10000PGと14000XGを売りに出して、発売され次第21ツインパワーSWの14000PGと14000XGに買い替えようかなぁと検討中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です