真鶴地磯 ペンペンとショゴ

今日は午前中に予定があったので、午後から真鶴の地磯へ行くことに

14時ごろに到着し、支度を整えて14時30分ごろに入磯

このポイントは一番沖に出てる磯に行くためには足のつかない深さのスリットを5mほど泳ぐ必要があるので、荷物は最低限にまとめてドライバックに入れ、海況をじっくり観察して問題ないことを確認してから泳いで渡礁

ちょうどド干潮の潮止まりなのでゆっくり準備し、凍らせたペットボトルとタブレット菓子で水分&塩分補給し、まずはポッパーからキャスト開始

パンプキン140をしばらくキャストしてペンペン、あわよくばシイラを狙うも反応無し・・・

今度はブリットペンシル140に変えて誘い続け、チェイスやベイトの反応がないか探るがチェイス無し

ジグに変更し、表層~ボトムまで満遍なく探るも反応がなく、かなり暑いので一旦休憩・・・

海面の状況を見つつまた水分と塩分を補給し、安全な場所でちょっぴり海に浸かったりしていると、イイ感じの潮目が出来てきてベイトの雰囲気も出てきたためキャスト再開

とりあえずルアーはどのレンジでも対応しやすいシンキングペンシルのDUEL モンスターショット95に変え、まずは表層をスキッピングで誘う

しばらく続けていると、何かの魚が追尾してそうな気配があったり、ダツが追いかけてきたのが見えたりと魚の雰囲気が感じられるのでそのままスキッピングを続行していると、沖の潮目でペンペンが跳び始めたので、届かない距離だがフルキャスト!

3,4投目ぐらいのフルキャストで、ルアーに向かって20mほど横からペンペンの群れがジャンプして追いかけてきているのが見えたので、そのままトゥイッチしているとヒットし、サイズは小さいが30cmほどのペンペンをGET♪

その後ペンペンの気配は無くなったがベイトはいるのでキャストを続けていると、ルアーの後ろで魚の波紋が見えたのでリトリーブ速度を変えながら表層を誘い続けていると、20cmぐらいのショゴGET♪

この後も同じパターンでショゴが2,3回ヒットしたりチェイスがあったが、いずれも途中でバレたり乗らなかったりと、釣果はこの2匹で終了

とはいえ、ペンペンとショゴという「夏だ!」と思える魚を見れたのは嬉しい(^^)

塩分タブレットのおかげか、熱中症になることもなく無事でした。
皆さんも真夏の釣行は十分な水分と塩分補給を忘れずに!!

【タックル】
ロッド:DAIKO クロスブリード96M
リール:アブガルシア Revo ALXシータ 5000H
ライン:PE2号+リーダー60lb
ヒットルアー:DUEL モンスターショット95 ピンクイワシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。