【インプレ】ヤマガブランクス ブルーカレント82F

今日はライトゲーム全般で使っている、ヤマガブランクスのブルーカレント82Fのインプレをしたいと思います。

始めに、私はあまりライトゲームをやりません。やるとしても年に4,5回程度で、アジングやメバリングを専門でやるのではなく、たまに行く漁港で「何か釣れればいいな」という気持ちで楽しむ程度のにわかアングラーです(笑)

なので、1g以下のジグヘッドを快適に!とか、感度ビンビンなロッド!とかではなく、「とにかく汎用性が高い」ロッドが欲しくてブルーカレント82Fを買いました。

使うルアーは2g前後のジグヘッド+ワームから、3号程度のエギ、15〜20gのメタルジグまで同じタックルで投げてます!(イカ釣った事ないけどね!)

簡単に使用感を書くと、2gのジグヘッドで遊んだ時は10cmほどのカサゴやベラのアタリもちゃんと分かりましたし、15gのメタルジグ投げて30cmちょいのワカシを釣った時も、足元にある敷石の隙間に潜られそうになり、スプールを抑えて無理やり浮かせましたが、パワー不足も無くすんなりと浮かすことが出来ました!

リールはシマノの15セフィアSS C3000SDHHG、ラインはPE0.6号、リーダーはフロロ7lbのセッティングで大体使い回していますが、バランスも良く、汎用性もかなり高く使えるので今の自分にはドンピシャでハマっているロッドです!

エギングに関しては…3号エギをシャクること自体は快適に出来ていますがら下手くそな上にたまにしかやらないので、恥ずかしながら一度も釣れて無いので何も語れません(笑)

私のような、ライトゲームはたまにしかやらない、やるなら漁港の釣りを殆どカバーできる汎用性が高いロッドがほしい!という方には是非オススメのロッドです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です