2020/09/16 南伊豆沖磯釣行

南伊豆の沖磯へ、青物狙いに行ってきました!

お世話になったのはいつもお馴染みの重五郎屋さんです。

いつもなら青物メインでカツオ島に渡してもらうことが多いですが、今回はロックフィッシュも狙ってみたかったのと、カツオ島に渡る釣り人が少し多かったので別の磯に渡ることに・・・
船長のオススメで「沖牛根」という磯に渡してもらいました!

朝イチは思ったより潮が流れず、80gのジグでも30秒ほどで底が取れる状態でしたが、2,300mほど沖合には鳥が常に溜まっていて雰囲気はバツグン!

7時前後から下り潮が流れ始め、だんだんジグが流されるように・・・
磯際にもベイトが見えますが、ダイペンを投げてもジグを投げても魚信ゼロ

海面を注視していると、巨大なエイやウミガメ、2,3m級のサメが頻繁に磯の周りを回遊してました・・・(;’∀’)

間違ってサメがヒットしないよう、注意しながらキープキャスト・・・

9時ごろ、2,300m沖の潮目でトビウオが跳ねる!!
寄って来い!と思いながら見ていると、100mほど先にある目の前を横切る形の潮目からトビウオが跳ねた!!!

チャンスとばかりにダイビングペンシルをキャスト!

着水からワンジャークしたところで、「ゴツンッ」という感触がロッドに伝わると同時に、細長い大きな魚が大ジャンプ!!!!

乗らなかったか!?と思いましたが、魚が着水すると同時に激しく出されるドラグ!

慌ててアワセを入れ、ロッドを立てて寄せにかかるがドラグが緩かったようで、勢いが止まらないためドラグを増し締めしファイト

磯際にある程度寄せてからも魚は抵抗し、何度かドラグを出されるが、パーガトリー111/14PSとツインパワーSW 10000XG(スプール交換済)の敵ではなく、最後は同行していた父親にギャフ掛けしてもらいランディング成功!!

魚の正体は「沖サワラ」(別名:カマスサワラ、ワフー)でした!!

残念ながら尻尾のあたりにスレがかりでしたが・・・滅多に釣れない魚です

こういう関東ではなかなか釣れない魚が釣れるのが南伊豆の魅力・・・

磯場での簡易計測ですが、全長95cm、重さ5kg弱でした。

久しぶりにシイラ以外の大きな魚を釣ったので、非常に嬉しい1匹でした~

その後、ロックフィッシュ狙いに変更
専用タックルは持っていないため、シーバス用のベイトロッドで挑戦!

28gのテキサスリグを使い、潮表になる場所の根際にキャストするも、下り潮が激流すぎて底が取れず・・・

何とかならないか、トレースコースを変えたり仕掛けを変えたり試行錯誤しましたが、これは無理だ!と諦め潮裏になる方向へキャスト!

こちらも潮が緩いわけではないため、潮上にキャストし、慎重にテキサスリグを送り込み、ボトムを取ってズル引きするもノーバイト・・・

ズル引きで反応が無いため、ボトムでシェイク作戦に切り替えると魚信が!!

残念ながらワームを食いちぎられてしまい乗りませんでしたが、このパターンだと確信し、少し別のポイントへキャストしボトムでシェイク!!!

かわいいサイズのアカハタGET~!!

おんなじパターンでさらに1匹追加~!!

ロックフィッシュはこの2匹で終了で、全部小さかったのでリリース

その後、青物を狙ってプラグやジグを投げ続けましたが反応なし・・・

終了時間30分前、ジグにゴツンッ!とアタリがありましたが・・・

キミじゃないんだよなぁ~・・・

この後は特に魚信もなく終了しました

本命の青物は釣れませんでしたが、比較的レアキャラと言える沖サワラがキャッチできたので満足できる釣行でした!!
欲を言えばスレじゃなく、ちゃんと食わせたかったけど・・・

【タックルデータ】
ロッド:DAIKO ロッキーショアパーガトリー 111/14PS
リール:SHIMANO 15ツインパワーSW 10000XG
    ※14000XGボディに10000PGスプール
ライン:シーガー PEX8 5号
リーダー:ナイロン130LB
ルアー:Maria ラピード190F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です