南伊豆 磯ヒラGET!

本当は沖磯で青物狙いの予定だったけど、残念ながら時化で出船停止に…

釣りに行くかどうか自体迷ったけど、西伊豆〜南伊豆辺りが良い具合に時化ているので久しぶりに磯ヒラを狙うことに

家で仮眠してから出ることにし、アラームを1時にセットしたけど、気がつけば2時30分…

結局家を出たのは3時ぐらいで、目的地の下田に着いたのは6時30分頃でした

当然、夜が明け始めてて既にライトは要らない状態で、駐車場には明らかに磯ヒラ師と思われる、ジャンプライズのステッカー付きの車が一台

既に車の中には居ない様子で、釣り場に向かったようなので、この駐車場から向かうメジャーな釣り場は避け、初めて行く少し歩いた先にある磯に行ってみることにしました

向かう途中、良さげなポイントを発見したので寄り道してキャスト

何度かキャストした後、払い出しを発見したのでキャスト→トゥイッチ→デッドスローで誘い、反応無いのでもう一度トゥイッチした瞬間に「コツン」と反応アリ!!

もう一度誘うも反応が出ず、帰りにまた撃とうと思い先へ進む

また道中で良いサラシを見つけ、キャストするも反応無し…ただ、前日だと思うけど潮溜まりに血抜きをした後を見つけたので、やはりヒラスズキは入ってると確信!

そのまま歩き続け、目的地へ到着!

良いサラシが広がっていて、むしろうねりのセットが入ると荒れすぎかも!?

良い立ち位置があまり無く、魚をちゃんと弱らせて誘導しないと確実に離れ根でブレイクしそう…

何とかそれなりにやれそうな立ち位置を確保し、しっかり潜ってくれるima サスケ130剛力をキャスト!

さっきと同じように、最初はただ巻きで誘うも反応が無く、トゥイッチ→デッドスローで誘うとヒット!

それなりの重量感があるサカナで、久しぶりの感覚を味わいつつ巻き取るも、リールシートの締め込みが甘かった事に気づく…

魚が走ってる今のうちに…と思い、ハンドルから手を離しリールシートを締めてる途中、突然手前に寄ってきてエラ洗いを始めるヒラスズキ…

慌てて糸ふけを回収するも間に合わず、既にバレてしまっていました…

気を取り直してキャスト再開するも、同じポイントからはもう反応が無かったので、遠距離戦に切り替えてルアーをジャンプライズのかっ飛び棒に変更

正直、シンペンで魚を釣ったことが殆ど無く、ましてや磯ヒラやるような時化の中での釣果は0だったけど、渓流釣りをやってみて頭の中でのルアー操作イメージは何となく出来る様になってきた…

質量のある沈むルアーをどうやって流れに馴染ませつつアクションさせるか…

水面から一枚下くらいを通るよう、そしてなるべく自然な範囲でアクションするようイメージしながらスローリトリーブ…

幸い、風向きと払い出しの向きが一緒だったので、若干左にドリフトしながらゆっくり誘って行くと、2投目でヒット!

最初は左の方に走り始めたので、沖にいるうちに右側に頭を向けるよう方向転換し、無事に足元まで寄せてぶっこ抜き!!

最近は沖磯の青物メインで、磯ヒラは沖磯で荒れてたらついでに狙う程度だったけど、今回は磯ヒラを狙って地磯を歩いて獲った1匹

50cmちょいと、さっきのバラした魚と比べたらサイズダウンだけど、そんなのは関係無い

本当に嬉しい1匹でした

その後、追加を狙って別のポイントでキャストするも、お触り程度のバイトがあったのみで終了

最終的には、バイトのみが2回、バラしが1回、キャッチが1回という結果でした

しばらく磯ヒラやってなかったせいか、ウェットスーツ着たくない、寒い、濡れたく無い…と足が遠のいて居たけど、やっぱりこの魚は自分にとって特別なサカナだと再認識

まずはコンスタントに釣れるように、そしてゆくゆくはランカーに出逢えるよう、引き続き精進します!

【タックル】
ロッド:AIMS BlackArrow 110MH
リール:SHIMANO サステイン4000XG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ30lb
ヒットルアー①:ima サスケ130剛力
ヒットルアー②:ジャンプライズ かっ飛び棒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です